電話代行を取り入れて仕事を円滑化させよう

レディ

活用的なシステム

オペレーター

商品やサービスを販売する業者においては、コールセンターを設置するケースが多い。コールセンターは、顧客からの問い合わせやクレームに対応するための重要な窓口であり、商品販売後のサポートを行う上で重要な役割を担う。消費者にとっては、コールセンターでの対応の良し悪しによりその会社のイメージを作り上げることも多く、リピーター客として確保していくためには重要となっている。これらのコールセンターでは、専用のシステムを導入し対応していることが多い。これらのシステムを導入することで、その場での受け答えをスムーズに行えるようになるためである。コールセンターシステムの導入では、規模により導入費用が大きく変わるが、WEBサービスなど汎用的に提供されるシステムを活用することで大幅に費用を削減できる傾向にある。コールセンターのシステムでは、販売している商品情報を予め登録しておき、問い合わせがあった場合には検索することで詳細情報を表示できたりする。また、顧客の情報を登録しておくことで、問い合わせ客についても直ぐに状況を把握できる。特に、過去の問い合わせ履歴や、対応状況がどのような状況になっているかは、社内で把握しておく必要がある。そのような点においても、コールセンターシステムを活用することで、情報共有を簡略化できる。コールセンターシステムでは、問い合わせへの回答をスムーズなものにするとともに、対応する担当者の負荷軽減にもつなげられる。